横河ソリューションサービス(本社東京都武蔵野市)と日本ゼオン、Hmcomm(本社東京)の3社が経済産業省の補助事業に応募したテーマ「音声データを基にした製造業パイプラインのつまり予知・予兆診断事業」が、補助事業の執行団体である環境共創イニシアチブから採択された。2018年6月4日、横河ソリューションサービスの親会社である横河電機が発表した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら