トレックス・セミコンダクターは、入力電圧範囲が+3〜18Vで、最大出力電流が0.5Aの降圧型DC-DCコンバーターモジュール「XCL225/XCL226」を発売した。電源制御ICとスイッチング素子、インダクター(コイル)を一体化したモジュールである。パッケージは、外形寸法が3.0mm×3.0mm×1.6mmと小さいDFN3030-10Bである。これに2個の積層セラミックコンデンサーを外付けするだけで、降圧型DC-DCコンバーター回路を構成できる。「最大入力電圧を+18Vに引き上げたため、冷蔵庫やエアコンなどの白物家電に適用可能になった」(同社)。用途としては、白物家電のほか、携帯型ビデオカメラやBlu-ray Disc/DVDレコーダー、給湯器などを挙げている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら