ドイツメッセは2018年5月15日、ドイツ・ハノーバーにて6月11日から15日まで開催予定の「CEBIT 2018」に先駆けて、報道関係者向けのプレビューイベントを開催した(写真1)。

写真1●CEBIT 2018のプレビューイベントが開催(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハノーバー市庁舎で開催したプレビューイベントでは、2018年に全面リニューアルを予定するCEBITの最新情報を公開(写真2)。新たにハノーバー中心部でもイベントを開催するなど、ハノーバー市と全面的に協力していくことをアピールした。

写真2●ハノーバー市庁舎
[画像のクリックで拡大表示]

ハノーバー中心部でもイベントを開催

 最初にハノーバー市長兼CEOのStefan Schostok氏が登壇(写真3)。ドイツを始めとする欧州各国が推進する社会のデジタル化について、「ハノーバーにおいてもデジタル化は課題であり、チャレンジであり、新たな機会になると考えている。我々はテクノロジーだけでなくソサエティにもフォーカスしていく」と語った。

写真3●ハノーバー市長兼CEOのStefan Schostok氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら