クックパッドは2018年5月8日、IoT(インターネット・オブ・シングズ)対応調理家電のプラットフォーム「OiCy(オイシー)」を構築したと発表した。同社は月間約5500万人が利用する料理レシピ情報Webサイトを運営している。レシピデータと調理家電を連動させて調理の利便性を高める狙いがある。

IoT対応調理家電のプラットフォーム「OiCy」の概念図
出所:クックパッド
[画像のクリックで拡大表示]

 OiCyにつながる調理家電のプロトタイプとしてレシピ連動調味料サーバー「OiCy Taste」も開発した。みりん、しょうゆなど4本の調味料ボトルを収納。インターネット経由でレシピに掲載されている「しょうゆ大さじ2杯」といったデータを受信し、ボタンを押すと自動的にその量をカップに送り出す。

クックパッドが開発したレシピ連動調味料サーバー「OiCy Taste」
[画像のクリックで拡大表示]

 クックパッドは当面は調理家電の製造・販売自体は手がけず、OiCy Tasteのようなプロトタイプを開発しながら、家電メーカーなどの提携先を募る。クックパッド自身は、レシピデータを調理家電で利用できるようにするためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)の開発・提供や、レシピデータや利用履歴などを含むビッグデータに基づく家電開発のためのノウハウ提供などに特化する方針だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら