大同特殊鋼のタイ国内の生産拠点であるDaido Steel(Thailand)は、最新設備「熱間高速横型鍛造機(SHF)」の運転を日本人から現地オペレーターへ予定より早く移管していたことを明らかにした。同設備は大同特殊鋼が独自に開発し、Daido Steel(Thailand)では2016年4月に稼働を開始。「3~4年は日本人オペレーターが動かすことになると思っていたが、実際には1年経たずに2016年末で日本人は帰国した。うれしい誤算だった」〔Daido Steel(Thailand)社長の守山忠男氏〕という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら