MMDLaboが運営するMMD研究所は2018年3月22日、MVNOサービス「OCNモバイルONE」における通信ネットワーク回線の取り組みについて、NTTコミュニケーションズの担当者による勉強会を開催した(写真1)。

写真1●「OCNモバイルONE」についての勉強会を開催
[画像のクリックで拡大表示]

「メイン回線が格安SIM」が10%超

 最初にMMDLaboの吉本浩司代表取締役が登壇し、3月12日に発表した「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」について解説した。

 格安SIMを継続利用している人は2台持ちを含めて15%、格安SIM自体の認知度は90%に上昇。メイン回線として格安SIMを利用するユーザーは初めて10%を超え、ここにY!mobile(ワイモバイル)のユーザーを加えると13.9%になるという(写真2)。

写真2●格安SIMをメインで使う人が10%超え
[画像のクリックで拡大表示]

 総務省の統計などでは格安SIMの伸びに鈍化がみられるとの指摘もある中で、「MMD研究所の調査はメイン回線を調査しており、鈍化しているのはサブ回線ではないか。メイン回線としての格安SIMは順調に伸びている」(吉本氏)との見方を示した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら