華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は、SIMロックフリーのスマートフォン「Mate 10 lite」と「nova lite 2」の2機種に「顔認証」機能を追加する。また、自撮りの写真に様々なエフェクトや背景を付けられる「ARレンズ」機能もMate 10 lite向けに提供する。2018年3月9日から順次開始されるソフトウエアのアップデートでこれらを使えるようになる。本記事では、提供開始に先立って報道関係者向けに公開された新機能をレビューする。

Mate 10 liteとnova lite 2が「顔認証」に対応(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「顔認証」で画面ロックを解除、スライド操作も不要

 Mate 10 liteとnova lite 2の2機種が新たにサポートする「顔認証」は、あらかじめ顔情報を登録しておくことで、スマートフォンの画面を見るだけでロックを解除できる機能になる。指紋認証に続く、新たな生体認証として追加された。

 設定画面には新たに顔認証用のセットアップ機能が追加された。設定画面の「顔認証」から、免責事項に同意することで顔情報の登録が可能となる。登録は画面の枠内に真正面から顔を向けるもので、数秒で終了する。

設定画面に「顔認証」が追加
[画像のクリックで拡大表示]
顔認証の登録画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら