全日本空輸(ANA)とソフトバンク系の自動運転事業会社SBドライブは2018年2月25日、東京・羽田空港周辺の公道でバスの自動運転の実証実験を始めたと発表した。2020年以降の実用化を目指し、公道を交通規制なしで実際に輸送しながら実用化に向けた課題を洗い出していく。

ANAとSBドライブが実証実験に使用する自動運転バス
[画像のクリックで拡大表示]

 実験は羽田空港の新整備場地区内の周回道路で2月21~28日に実施。通常の運転操作をシステムが担い緊急時のみドライバーが対応する「レベル3」と、緊急時の対応を含め全ての運転操作を自動化する「レベル4」の実験を展開する。

 ただしレベル4については「運行自体は完全にレベル4だが、法的な運転責任を遠隔監視者が負うという点でレベル4とは異なるため、厳密には『レベル4相当』となる」(SBドライブ)としている。レベル3走行時は一周2.4kmのコースを時速30kmで走行。レベル4ではレベル3と同じコースのうち、1.4kmを時速10kmで走行する。

自動運転中の車内の様子。今回、人を乗せた実証実験はレベル3のみで実施している
[画像のクリックで拡大表示]

 実験用のバスは運転席を含め定員28人の小型バス。日野自動車が販売する「ポンチョ」を基に、東京大学発ベンチャーの先進モビリティが改造した車両を使用する。車線維持用として全地球測位システム(GPS)、障害物検知用としてミリ波レーダー、LiDARセンサー、AI(人工知能)による画像認識機能と連携するカメラなどを搭載する。レベル4走行時は「Dispatcher」と呼ぶ遠隔運航管理システムを使い、カメラ画像の確認、運行管理、遠隔操作、緊急時の通話などを実施する。このほか、道路に埋め込んだ磁気マーカーを読み取るセンサーも搭載しているが、今回の実験では使用していない。

 レベル3走行では所定のバス停に正確に到着できるか、障害物を問題なく回避できるか、車両制御や障害物検知にAIを活用できるか、加減速制御の最適化により乗り心地を改善したり車内での転倒事故を軽減したりできるか、などを検証。レベル4走行では交通規制のない公道で無人走行して問題が起きないか、Dispatcherによる遠隔操作が問題なくできるか、などを検証する。

車内に設置したモニター画面。車外に向けたカメラ映像と、それをAIで解析し他の車両や歩行者などを検知した結果を表示している
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら