帝人は、耐ガソリン性と成形性を両立したバイオプラスチックフィルム「PLANEXT SN4600フィルム」を開発した。クロムメッキと遜色ない色相や輝度を実現しながら、非導電性と自動車外装用のスペックを満たす代替フィルムの生産が可能となったとする。同フィルムは、ホンダロックのスマートエントリーシステム用ドアハンドルに採用されており、「3次元表面加飾技術展 2018」(2018年2月14日~16日、東京ビッグサイト)の宏機製作所(茨城県守谷市)のブースで展示した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら