〈写真:Getty Images〉
[画像のクリックで拡大表示]

 システム開発プロジェクトのトラブルが一向に減らない。火を噴き始めたプロジェクトの被害は甚大だ。スケジュールは遅れ、メンバーは疲弊し、ユーザーとベンダーの仲は険悪になる。どう立て直すのか、そのテクニックを探る。

出典:日経SYSTEMS、2019年1月号 pp.22-31 「達人プロマネに学ぶ トラブルの火消し術」を改題
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。