2020年のクラウド動向を予測した。米ヴイエムウェアが打ち出した新たなコンテナ戦略は、企業システムのコンテナ活用にはずみを付ける。クラウド活用の担い手は、IT部門からユーザー部門へシフト。クラウド活用が基幹系に広がるなか、クラウドベンダー間の協業も拡大する。何かと動きが激しいクラウド、2020年も目を離せない。

出典:日経SYSTEMS、2019年12月号 pp.52-57
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。