会社のITシステムが使いにくければ、生産性は上がらず、働き方改革など不可能だ。SEは今、操作性に優れたユーザーインタフェース(UI)を備えたシステムの開発スキルが求められている。そのノウハウに迫る。

 UI(ユーザーインターフェース)デザインのポイントをSEが習得するだけでも、相当なスキルアップ。だがまだ満足するのは早い。次は、UX(ユーザーエクスペリエンス)について習得しよう。企業のITシステムにも、エンドユーザーの利用経験を重視するUXの考え方が必要になっている。早速ポイントを見ていこう。

UXデザインのポイント(1)
ユーザーの観察やインタビューから始めよう

 UXと聞くと「デザイン思考などの方法論を使わなければならず、難しそう」と考えるITエンジニアが多いかもしれない。確かにデザイナーが実践する全ての方法をITエンジニアが実行するのは難しいかもしれないが、UXのエッセンスを取り入れることは可能だ。

 UXを実践するための出発点となるのが観察やインタビューだ。実際に利用者が使っているシーンを自分の目で見たり、話しを聞いたりすることがユーザーを理解する第一歩となる。観察であれば専門知識がなくても、すぐに実行できそうだ。

 「体験可能なものは実際に自分が顧客になるなど、できるだけ利用者の気持ちに近づいたほうがいい」とNTTデータの宇津木シニア・エキスパートは話す。銀行の窓口システムであれば銀行に顧客として訪れる、物流システムであればその会社の物流サービスを利用してみる、といった具合だ。

 観察の成果物の1つが、利用者の立場に立って利用シーンを記載した「カスタマージャーニーマップ」などと呼ばれる文書だ。イラストなどを使って、顧客の気持ちなどを記述していくのが一般的だ。

 しかし企業システムの場合は、気持ちなどを書き込むのは難しいケースもある。そうした際には、「該当システムを利用した業務のシナリオを作成する」(TISの香川エキスパート)ことがお勧めだ。業務シナリオは「どういう時に使われるのか」「前の業務は何か」など業務視点から利用の流れを記述する。

 実際のプロジェクトでUXの向上に関する取り組みを行うとしたら、どのタイミングが適切なのか。「できれば要件定義前の企画段階。遅くても要件定義で同時に実施したい」とNTTデータの宇津木 シニア・エキスパートは話す。

UXを実現するためのプロセスと、実施のタイミング
企画段階、遅くても要件定義の段階で実施するのが望ましい
[画像のクリックで拡大表示]

 デザイナーが実施する場合、UXのデザインプロセスでは要件は定義しないが、UIデザインの規約や画面定義などを成果物として作成する。ITエンジニアが行う場合も、こうした点を意識して設計の前に試してみよう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら