現場でUXデザインに取り組むために欠かせないのがプロセスやメソッドだ。現場の実態に合うようにカスタマイズして利用することがポイントとなる。UXデザインを担う人材の育成について事例を基に解説していく。

 前回は開発プロセス全体を通じてUX(ユーザーエクスペリエンス)デザインに取り組むためのタイミングや、品質を担保するための勘どころについて解説しました。今回は現場でUXデザインを実践していくために企業や組織が整えるとよい「実践のための仕組み」と「人材の育成」に関する勘どころを事例とともに紹介していきます。この勘どころはUXデザインを実践するうえで具体的にどのようなことをすればよいのかをITエンジニアが考える際のよりどころになります。

 システム開発の現場でUXデザインを実践していく際は専任の担当者を置くことが望ましいことは前回、解説しました。しかし実際には専任の担当者がいなかったり、アサインされた担当者の経験が不足していたりするケースがあります。そのような場合には、何を足掛かりにUXデザインを実践していけばよいのでしょうか。

 基本のプロセスはこれまで解説してきた通り戦略から表層デザインまでの積み上げをフェーズごとに実施する流れになります(図1)。

図1●JJGの5階層モデルとシステム構築の工程
[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクトが立ち上がったばかりの企画段階であれば、5つのフェーズを順番に実施するイメージを持ちやすいと思います。一方でプロジェクトが進行している途中は、プロジェクトの実情に合わせてどのフェーズをどう進めていくかを計画・実行していくことが必要になります。

 これはUXデザインの初心者には難しい作業です。かといって経験を積むまで実施しないのでは、システムの質の向上は遠い話になってしまいます。経験が少なくても試行錯誤しながら取り組める方法があったり、何かしらのよりどころとなるものがあったりすると、初心者の担当者も安心して取り組めるようになります。

基本のデザインプロセスとメソッドの活用

 よりどころの例として、各フェーズで実際にやることを定義したデザインプロセスと、それを実施するためのメソッドがあります。プロセスは実行の手順に、メソッドはプロセスを実行する際に使用する道具に当たります。JJGの5階層モデルに沿ったデザインの進め方がプロセスの例であり、エスノグラフィー、ペルソナといった具体的な調査や成果物がメソッドの例になります。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら