テスト計画を基に、テストで確認したいことを具体化してテストケースを作成するプロセスがテスト設計だ。ただしいきなりテストケースは作れない。事前にテストケース作成方針を検討し、テストの範囲と観点、条件をテストタイプごとに決めていく。テストケースには、5つの主要項目を記載しよう。

 ソフトウエアテストで、テスト計画を基に、より具体的にテストで確認したいことを決めるプロセスが「テスト設計」だ。要件定義書や仕様書といったインプット情報を入手し、テストケースの作成方針を作る。それに従ってテストケースを作成する。

 テスト計画で検討したテストを確実に実行するためには、テスト設計が欠かせない。今回は、テスト設計における、テストケース作成方針の検討の方法と、テストケース作成方針を基にしたテストケースの作成方法を解説する。

テストケース作成方針の検討
範囲と観点と条件を決めるコツ

 テスト設計では、テストでの具体的な作業手順、期待結果などをまとめた「テストケース」を作成する。テストケースは下準備なしには作れない。準備として「テストケース作成方針」を検討する必要がある。あるSIベンダーの若手社員「ワカテくん」は、テスト計画書を作成し終えて、いきなりテストケースを作ろうとしているようだ。

ワカテ:テスト計画書も作ったし、次はテストケースの作成か。前のプロジェクトで見た標準フォーマットのExcelシートに書いていけばいいのかな。

センパイ:どんな風にテストケースを作るかは固まっているのかな。

ワカテ:テストの種類のことでしょうか。それはちゃんとテスト計画書に書きましたよ。結合テストでは、機能テストを中心に5種類のテストをすると決めました。

センパイ:何の機能をどうテストするかといったことまでは決めてないんじゃないかな。具体的な方針を決めておかないと、テストケースの記載内容がバラバラになって確認事項の抜けや重複が出てしまうよ。

 テストケースを作る前に、どのようなテストケースを、どのように作成すべきかといった「テストケース作成方針」を考える必要がある。特に、複数人でテストケースを作成する場合に重要だ。指針もなく作業を開始すると、担当者ごとの認識や知識の違いがそのまま成果物のばらつきにつながってしまう。

 記載がばらついたテストケース全体を把握して、妥当性や過不足をレビューするのは至難の業だ。必要なテストが抜けていたり、逆に効果の薄いテストを大量に作っていたりしても、レビュアーが見落としてしまう。そのままテスト実行に入ると、確認漏れや作業工数の予算超過といった恐れがある。そうした事態を避けるには、事前にテストケース作成方針を検討して関係者に共有する取り組みが欠かせない。

「範囲」「観点」「条件」をテストタイプごとに検討

 前回解説したテスト計画では、テストレベルとテストタイプを検討した。テストケース作成方針では、さらに詳細に「テスト範囲」「テスト観点」「テスト条件」をテストタイプごとに決めていく。

 テスト範囲とは、テストを実施する範囲のことだ。テスト計画で洗い出されたテスト範囲の中でも、テストするところ、しないところがある。テスト観点とはテストで確認すべきこと。テスト条件とは、テスト観点を確認するための入力データや操作のバリエーションなどのことだ。

 「テスト範囲を決め、どのようなテスト観点があるかを考え、テスト条件を考える」という作業は「区画を決め、区画の範囲内で箱を積み、箱の中に粒を入れる」というイメージで捉えると分かりやすい(図1)。

図1●テストケース作成方針のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 テスト範囲は「箱を置く範囲」だ。どういった広さにするか、どこをカバーするのかを考える。テスト観点は「箱」だ。「テストするところ」ごとに、確認すること、確認しないことを決めて箱を置いていく。確認したいことが1つならば箱は1つだし、複数あれば複数の箱を積む。

 テスト条件は「箱の中の密度」だ。確認したい入力データや操作のバリエーションなどを考え、箱の中に粒を詰めていく。確認したいバリエーションが少なければ粒の量は少なくなり、網羅的にたくさんのバリエーションを確認したければ粒の量は多くなる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら