(写真:Getty Images)

今や60歳を過ぎても働き続けるのが当たり前の時代になった。45歳以上の「シニアSE」はかつてより長いキャリアプランを考えなければならない。一方で、IT業界は空前の人手不足にある。シニア流の能力向上術でパワーを取り戻せば、生涯稼ぎ続けるエンジニアになれる。

出典:日経SYSTEMS、2018年9月号 pp.24-39
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。