手間や準備はそれほどいらないが、知っていると生産性や品質の向上に役立つ―。ソフトウエアテストにまつわる、そんな小ワザを紹介しよう。一般的なテストプロセスで使えるものと、アジャイル開発で役立つもの、合計12個の小ワザを用意した(図1)。

図1●本記事で取り上げるテストの小ワザ
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的なテストプロセスは、「テスト計画」「テスト設計」「テスト実行」の順に進む(実際には、これらに加え「テスト管理」のプロセスもあるが、今回は省略する)。

 テスト計画では、テスト対象やテストの種類、スケジュールなどを決め「テスト計画書」を作る。このテスト計画書にまつわる小ワザを2個、解説する。

 テスト設計では「テストケース」を作る。テストケースの作成は言うまでもなくテストでの重要事項の1つ。このときに使える5個の小ワザを紹介する。さらにテスト実行や振り返りで使える小ワザについて3個、取り上げる。

 最後に紹介するのはアジャイル開発でのテストの小ワザだ。短いサイクルで設計・実装・テストが繰り返されるアジャイル開発は、ここ数年で一般的になってきたものの、テストのプロセスはまだ確立されているとは言い難い。そんな中でも使えるテクニックを2個紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら