(出所:Getty Images)

長らく日本の基幹システムを支えてきたCOBOLは、2019年で生誕60周年、つまり還暦を迎えた。「古臭くて将来性がない」「新しい技術に対応できない」。COBOLにそんなネガティブなイメージを持っていないだろうか。実際の利用実態やエンジニアの意識を調査で浮き彫りにする。イメージとは裏腹の、若手中心の活気溢れるCOBOLシステム開発現場にも取材を敢行した。(安藤 正芳)

出典:日経SYSTEMS、2019年6月号 pp.44-53
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。