調査では、COBOLシステムが企業内にあるという回答者のうち、約54%が「当面、使い続ける」と答えた。これは今でもCOBOLにメリットを感じている表れだろう。ここからは、COBOLの長所について調査結果を見ていこう。

 調査では「開発言語COBOLの長所として、どのようなイメージを持っていますか」と聞いて、上位3つを挙げてもらった。図9がその結果である。第1位は「数多くの稼働実績がある」で、回答者の51.6%(696人)が長所として挙げている。続く第2位は「長い歴史がある」。37.7%に当たる508人が長所として挙げた。

図9●COBOLに対する長所のイメージ
(回答者数:1348人)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで積み上げてきた実績や歴史が、COBOLへの支持を集めてきた最大の要因のようだ。

 事実、自由記入欄にもCOBOLの稼働実績や歴史を評価するコメントが目立った。

 「これまで安定した稼働実績があり、一概に不要な言語とは思えない」(40代、SE)。

 「実績や歴史があり、開発標準や見積もりなどがしっかりしている」(50代、プロジェクトマネジャー)。

 「長い歴史がある言語で古いという印象を受ける。しかし、長く生き続けたのはそれなりの理由がある。『古い=悪』という解釈に疑問を感じる」(40代、社内SE)。

 COBOLの実績や歴史を評価する声はユーザー企業、IT企業を問わず多かった。60年の歴史があれば当然といえば当然だ。重要なのは、その理由である。そこで、ユーザー企業とIT企業に分けて、分析した。

 その結果、ユーザー企業で長所として挙げた回答者が多かったのは「安定性・堅牢性に優れている」で、35.7%(146人)を占めている。全体順位では第3位だが、ユーザー企業に絞って見ると、第2位に浮上した(図10)。

図10●COBOLに対する長所のイメージ(ユーザー企業)
(回答者数:409人)
[画像のクリックで拡大表示]

 コメント欄を見ても、COBOLを使ったシステムの安定性・堅牢性を評価する声が多い。

 「自社のシステムではCOBOLが現役である。長く安定稼働している実績があるので、今後予定されている移行計画は不安が大きい」(50代、システム運用/サポート)。

 「安定して稼働し、習得が容易というメリットに対して、稼働するホストシステムが高価というデメリットがある」(40代、社内SE)。

 「金融機関でCOBOLの社内教育をしている。長く安定稼働しているCOBOLシステムは今後も継続して利用され、なくならないだろう」(50代、社内SE)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら