[画像のクリックで拡大表示]

 部下が潰れる大きな外的要因の1つに、仕事の量や質が適切に割り当てられていないことが挙げられる。過度な仕事量を抱え込んでしまったり、やりたくない仕事ばかりを押し付けられたりする人は、強いストレスを感じて潰れてしまいがちだ。日々の仕事に手いっぱいで休暇がない状態が続き、疲れて精神的に落ち込みやすくなる。また、やりたくない仕事は達成感を感じにくいため、モチベーションの低下を招く。

 仕事の量や質が原因で潰れてしまった部下には、まず無理のない適切な仕事を割り当てることが重要である。確実にこなせる作業から行ってもらい負荷を軽減させよう。仕事をこなすことで「自分は仕事ができるんだ」という認識を部下に持たせ、徐々に失った自信を取り戻させる。

部下がタスクリストを作る

 それでは、どのぐらいの仕事量を部下に任せればよいのだろうか。

 まず、リーダーが押さえておきたいのは、割り当てる仕事量は、基本的に潰れる前より減らすべき、ということだ。リーダーがやりがちなのは、潰れた部下の現状を考慮せずに仕事を割り当ててしまうことである。

 潰れた部下は、パフォーマンスが落ちている。潰れる前のように仕事をこなすことができない。例えば、潰れる前に1日かかっていた仕事は、1日では終わらなくなっていることが多いだろう。「以前はこれだけできていたから、当然こなせるだろう」といった安易な仕事の割り当ては厳禁だ。

 適切な仕事量が割り当てられなければ、潰れた部下をさらに落ち込ませることになりかねない。潰れた部下は、以前できていた仕事が時間通りに終わらず、自分自身を責めてしまう。これでは、状況を悪化させてしまうだけだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら