塩漬けになったERPの移行先のほとんどは、市場に登場して数年の製品だ。クラウドやAIなどの新技術を取り入れ、前身の製品と比べて大きく進化している。製品の機能面を見れば前身製品とERPクラウドはほぼ同等まできている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら