学習する際には、書籍やテキストなど紙の教材やノートを想像する人が多いかもしれません。紙の良さを否定するわけではありませんが、効率の観点では、紙ではなくデジタルツールを使った学びがお薦めです。ITエンジニアの読者であれば、既に活用している人も多いと思いますが、以下に紹介します。

電子書籍で学ぶ

 近年出版される書籍の多くは、紙だけではなくデジタル版でも販売されています。電子書籍リーダーやタブレットなど、デバイスが1つあれば、何百冊や何千冊といった蔵書を持ち歩くことができ、スペースの制限を受けずに済みます。ちょっとした隙間時間を活用して学習するには、多くの書籍がいつでも手元にある状態は望ましいことです

 文字が中心の書籍ならばスマートフォンや専用のリーダー、図が多い解説書などでは、大きめのタブレットを使うとよいでしょう。本の内容によってデバイスを変えれば、ストレスなく読書できます。

 電子書籍に抵抗がある人が「電子書籍ではマーカーで線が引けない」「本にメモを書き込めない」と言っていました。しかし、大抵のリーダーアプリではマーカー機能やメモの機能が付いています。この点は紙の書籍と同等です。

 さらに電子書籍では、メモやマーカーした部分を一覧表示できます(図1)。もう一度読み返したいところを探す手間が省けます。これは紙の本にはない便利な機能です。学ぶための読書としては、電子書籍が最適なのです。

図1●電子書籍で学ぶとマーカー部分を一覧表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

オンライン講座を受講する

 セミナーの動画配信やオンライン講座もお薦めです。受講したいセミナーがあるが時間が取れない、開催場所まで物理的に遠い、といった制約のある人にとって便利です。

 様々なWebサービスがあり、技術解説からビジネススキル、経営学、業界知識などコンテンツも多様です。総じてリアルのセミナーや研修よりは安価です。まずはオンライン講座を受講し、より深く学びたい場合はリアルの講座を受ける、といった使い方ができます。

 通勤などの隙間時間を利用できることもメリットです。短いものは3~5分単位で1セッションの講座があります。筆者が知っている最も短いコースはなんと90秒。「スナック講座」と言う名前で、スナックを食べる感覚で短時間に受講できるようになっています。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら