プログラミング言語Python(パイソン)が人気だ。AIブームを追い風に、Pythonを使ったソフト開発に挑む人や、勉強を始める人が急増している。最近のプログラミング言語についてはあまり知らないという“Python初心者”のために、人気の理由や基本的な特徴を解説しよう。

(写真:Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 プログラミング言語「Python(パイソン)」が注目を集めている。情報処理推進機構(IPA)は2020年春から、基本情報技術者試験の選択可能なプログラミング言語にPythonを新たに加える(図1)。IPAは「2018年にプログラミング言語の使用状況や学習状況を調査したところ、Pythonの活用が広がっていると確認できた」と背景を説明する。

図1●基本情報処理技術者試験の出題範囲にPythonを追加
[画像のクリックで拡大表示]

 日経 xTECHが2018年10月に実施した「プログラミング言語実態調査」でも、Pythonの人気は圧倒的だ。「今後スキルを磨きたいプログラミング言語」を聞いたところ、回答者1000人中670人がPythonを選んだ(図2)。順位はもちろん第1位。Pythonの技術者コミュニティーに長年携わってきたビープラウドの清原弘貴PyQ Founderは「ここ2〜3年でPythonへの注目度が急激に高まった」と話す。

図2●今後、スキルを磨きたいと思う言語はPythonが1位
[画像のクリックで拡大表示]

 以下では、なぜPython人気がそんなに高まっているのか、Pythonとはどんな言語で、どういったシステムで利用が広がっているのかを、事例を交えて解説していく。

出典:日経SYSTEMS、2019年5月号 pp.52-59
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。