特集1のテーマは「開発の無駄取り」です。無駄取り自体は数十年も前から実施されているのですが、新しい技術やツールによって無駄取りの方法も変わっています。取材を通じて感じたのはチャットボットの有用性です。Jenkinsと連携させてあらゆる処理を実行できます。原稿を制作サイドに自動送付する、サーバーのファイルを自動的にダウンロードするといった使い方も可能です。編集現場の無駄取りにも有効だと思いました。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら