みなさんは米Googleのスマートスピーカー「Google Home」をお持ちだろうか。米Amazon.comの「Amazon Echo」よりも早く販売され、家電量販店でも大量に売られているため、既に入手した読者も多いだろう。本連載でも以前、開発プラットフォーム「IFTTT」とGoogle Homeの連携について紹介したが、今回はちょっと趣が違う。筆者の家庭の話で恐縮だが、少し付き合ってほしい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら