近年は家庭向けのデバイスであってもネットワーク対応の製品が増えているが、通信プロトコルがオープンになっている製品は多くない。その代わりデバイスからクラウドに直結し、クラウド側でAPIを提供する製品が増えている。

 今回はこうしたクラウド直結型のデバイスの1つ、プラネックスコミュニケーションズの「どこでもセンサー」を紹介しよう(写真1)。

写真1●どこでもセンサー
[画像のクリックで拡大表示]

 どこでもセンサーは「どこでも環境センサー」と「どこでも人感センサー」の2製品の総称だ。いずれもAmazon.comの場合、4000円程度で購入できる。環境センサーは温度と湿度、気圧を計測し、人感センサーは動体検知を行う。両製品ともUSB給電型のデバイスで、Wi-Fiを設定することでプラネックスのクラウドサービスと通信を開始する。

 一度、クラウドサービスに接続すればそれ以降は、Webブラウザーベースのダッシュボードにログインすることで結果を見られる。各センサーは20秒間隔で計測結果をクラウドにアップロードし、クラウド側は過去1カ月分のデータを保存する。このクラウドは無料で利用可能だ。クラウドはAPIが公開されている。20秒間隔でしかデータを取得できないため、リアルタイム性を必要とするシーンでは使えないが、過去のデータを分析するといった用途で利用できる。

Webブラウザーから設定可能

 ではセットアップから簡単に紹介しよう。まずはWi-Fiの設定からだ。両製品とも初期の状態ではUSB給電を行うとWi-FiのAP(アクセスポイント)になる。スマートフォンでこのAPにWi-Fi接続して製品が出力する設定画面にWebブラウザーでアクセスする。そこでWi-FiのSSIDと暗号化キーを設定すると、Wi-Fiの子となりクラウドと通信を開始する。

 次にWebブラウザーでクラウドサービスのダッシュボードにアクセスしてアカウントを作成する。そのアカウントでダッシュボードにログインしてセンサーデバイスを登録する。デバイス登録の際にはシリアル番号とMACアドレスを入力する。これで購入した製品とクラウドのアカウントが関連付けられる(写真2)。

写真2●デバイス登録画面
[画像のクリックで拡大表示]

 デバイスを登録すると、ダッシュボードで計測結果を見られる。写真3は温度、湿度、気圧、動体検知の結果をまとめて表示したものだ。

写真3●計測結果のグラフ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら