今回は前回に引き続き、モデルとビューの考え方で図を描く方法を解説する。モデルとは伝えたい構造であり、ビューはその表現方法である。モデルをうまく設定できれば、単純で定型的な手順で図が描ける。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら