2020年まで、残り1年あまりとなった。東京オリンピックを間近に控え、重要インフラ事業者を中心にセキュリティ対策が急ピッチで強化されていくはずだ。サイバー攻撃の手口はますます多様化しており、対策も一筋縄ではいかなくなっている。今回は、2019年に拡大が予想される脅威とその対策を考えてみたい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら