企業システムにおいて、AIはどのような分野に適用されているのだろうか。何ができれば「AI人材」になれるのだろうか。話題のAIだが、企業システムでの活用はまだ見えにくい。AI初心者のITエンジニアが持つ疑問をQ&A形式で徹底的に解説する。

Q.AI(人工知能)は本当に現場で使われているの?

A.製造業の不良品検知やコールセンターの支援では既に本番稼働中。

 「AI人材が不足している」「これからはAIが人間の業務を代替していく」。こうしたAIの話題を見ない日はなくなっている。企業向けシステム関連製品・サービスのプレスリリースを見ても「AI搭載」「AI対応」などの言葉が並ぶ。

 AIはブームと言っても過言ではない状況だが、実際の企業システムの現場ではどの程度、AIの機能を組み込んだ「AIシステム」が本番稼働しているのだろう。「業務の自動化や人間の作業支援といった分野では既にユーザーが増えつつある」。こう話すのはアクセンチュアの保科 学世デジタルコンサルティング本部マネジング・ディレクターだ。

AIが採用されている分野
[画像のクリックで拡大表示]

 自動化の例が、AIの要素技術である自然言語処理を利用したチャットボットの活用や、機械学習を利用したEC(電子商取引)サイトのレコメンデーションシステムである。作業支援の代表的な適用例が、コールセンターでオペレーターを支援するシステムだ。オペレーターが顧客からの問い合わせ内容を入力し、その内容を自然言語処理で分析して、回答の選択肢を提示するといった機能になる。「人間の作業支援は一部実用になっている段階。これから本格化するだろう」(保科マネジング・ディレクター)という状況だ。

 自動化と人間の作業支援の2つに加えて、これからAIの活用が見込まれる分野もある。それがAIを使った新サービスの創出だ。自動運転や無人レジなどがこの分野に当たる。自動運転や無人レジの実現に必要な画像認識や音声認識、自然言語処理などの技術は、不良品検知などで実用化済み。今後、AIを使った新サービスの創出は加速しそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら