「十分眠れているエンジニアは1割に満たない」「睡眠時間が6時間未満のエンジニアが7割以上」─。睡眠不足が蓄積された状態を指す「睡眠負債」が社会的問題になっている。日経 xTECHは、IT分野を中心とするエンジニアを対象に、睡眠実態について独自に調査を実施。驚くべき睡眠事情が明らかになった。

 「睡眠負債をため込むと、思考力や記憶力が落ちて、仕事のミスが増える。モチベーションの低下やうつ病の原因にもなる。がんや肥満、糖尿病といった病気の発生リスクも高くなる」。睡眠研究の第一人者である、睡眠評価研究機構の白川修一郎代表はこう指摘する。

 エンジニアは普段、十分に眠れているのだろうか。2018年11月に日経xTECHが実施したアンケートでは、「あなたは平日、十分に眠れていると感じていますか?」という質問に対して最も多かった回答は、「どちらかといえば眠れていない」(38.7%)だった(図1)。「十分眠れていない」は26.0%。6割以上のエンジニアが「睡眠不足」と感じている。一方、「十分眠れている」は6.9%、「どちらかといえば眠れている」は27.9%だった。

図1●十分眠れている回答者は7%
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは実際の睡眠時間はどれくらいか。「あなたは平日、何時間眠れていますか?」との質問に対して、最も多かったのは「5時間以上~6時間未満」(38.2%)。以下、「4時間以上~5時間未満」(24.7%)、「6時間以上~7時間未満」(21.6%)と続いた(図2)。この割合は、性別や年代、既婚/未婚の違いにかかわらず、傾向はほぼ同じだった。

図2●平日の睡眠時間が6時間未満の回答者が7割を超える
[画像のクリックで拡大表示]

 睡眠負債をためないために必要な睡眠時間は、1日7時間といわれている。7時間以上と回答した件数を合計すると、全体のわずか6.3%にすぎなかった。逆に、睡眠負債が深刻になるという6時間未満の回答を合計すると、実に71.7%に達した。ほとんどのエンジニアは間違いなく、睡眠負債を日々蓄積していることが改めて判明した。

 この結果は、一般的な睡眠の調査結果に比べて「圧倒的に悪い」(白川代表)という。厚生労働省が2018年9月に公開した「平成29年『国民健康・栄養調査』」によれば、日本人の1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、男性で36.1%、女性で42.1%。6時間未満の割合が71.7%を占めるエンジニアは、相当深刻な寝不足状態であることが分かる。

 アンケートの自由記入欄には、睡眠時間を思うように取れないという悲痛な声が寄せられた。「残業で帰りが遅くなっても、家事をこなさなければならない。その上で趣味の時間まで持とうとすれば、寝るのが遅くなってしまう」(30~35歳、既婚、女性、IT系)。「自宅に仕事を持ち帰ることが常態化している。以前にも増して、睡眠時間が短くなっている」(35~40歳、既婚、男性、IT系)といったコメントはその典型だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら