今回は、説得力のあるドキュメントを組み立てるときに、主張内容の検討に必要な、課題解決のための2種類のロジックツリーについて解説する。原因を探索するための「因果ネットワーク」と、対策を検討するための「ゴールツリー」だ。

 それぞれの使い方を、前回の場面の続きで説明する。顧客に納入した自社システムの応答が遅くなったことから対策が求められているという事例で、前回は調査の結果、DB処理のパフォーマンスが悪化していることが原因だと分かった。

 原因をさらに深掘りしたところ、次のような事情が明らかになった。

 顧客のサービスは、当社がシステムを開発納入したときから順調にユーザーを増やし、サービスの種類も増えています。今回、システムの応答が遅くなっている主要な原因は大きく2つになります。1つは、ユーザーとサービス種類の増加により処理対象となるデータ量が増えたことです。そのためデータ量に比例して、DB処理に要する時間が増えています。

 もう1つは、新サービスを実現している他社システムが、当社システムの処理に必要なデータを頻繁に更新していることです。そのため更新処理待ちの時間が増えています。

 この事情を示しているのが、図1の因果ネットワークである。この図は、問題事象を引き起こしている原因事象を矢印で結んで表現するもので、原因にはさらなる原因があるので多段の構造となる。ループを生じて悪循環することもあるため、作られる構造はツリー構造よりも自由度の高いネットワーク構造になる。図示することによって課題解決の検討が進めやすくなる。

図1●因果ネットワーク
[画像のクリックで拡大表示]

 この状況を踏まえて性能改善のために取れる対策として、次のような手段を検討した。

 最終目的である当社システムの応答性能改善を達成する手段には、大きく、当社機能のDB処理を改善することと、他社システムによる影響を減らすことの2つがあります。

 当社機能の処理改善の手段には、まずDB処理の高速化があります。具体的には、インデックスの付与やSQL文の見直しが考えられます。大量データを処理するため、DB処理を並列化することも考えられます。

 他社システムの影響を減らす方法としては、更新待ちを避けるために共通箇所を参照しないように改修することと、他社システムの機能を改修することが考えられます。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら