RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が普及するにつれて、メリットだけでなく、導入・運用上の様々なリスクが明らかになってきた。回避策を押さえておこう。

 労働人口の減少や働き方改革に対する有効な解決策として、事務作業のような定型的な業務を自動化する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が注目を集めている。一部の先進的な企業から導入が始まり、今では普及期を迎え、業種や業界を問わず様々な企業が本格導入を進めている。

 一方でRPAが普及するにつれて、導入・運用上の様々なリスクが明らかになってきた。日々の運用の中では、RPAの運用に関するミスや不正が、あわや企業の不祥事を引き起こす寸前まで行くケースもある。こうしたRPAの誤った使い方を止めることが求められている。

 RPAは人間が行っている作業をソフトウエアロボット(以下、ロボット)で自動化する手法だ。ロボットを作成したり、管理したりする機能を備えるRPAツールを利用して、導入するのが一般的である。

 RPA導入の最大のメリットは、効率化だ。加えてRPAの適用による自動化は、統制(コントロール)の強化になり得る。ロボットは同じ処理を正確に繰り返し実行できる。人間とは異なり、忘れたり、気を抜いたりすることがない。RPAを適用した業務では一般にミスや不正は起こりにくくなる。

 しかしロボットの設定に誤りがあったり、故意に細工できるような環境になっていたりすると、取り返しのつかないほど大量な処理の誤りや、システムへの不正アクセスなどの問題が発生する。特にロボットは、人手とは比べものにならないほど、大量の処理を高速で実行できる。不正やミスがあった場合、生じる被害は人手よりも各段に大きくなる可能性がある。

RPAの設定ミスなどにより新たなリスクが生まれる
[画像のクリックで拡大表示]

 RPAにより、人間では実行不可能だった不正が可能になるケースも想定される。「数万件のデータに対して、単純なコピー作業を繰り返して社内システムのデータを表計算ソフトに書き出して社外に持ち出す」といった方法による不正を考えてみよう。時間をかければ実行可能かもしれないが、実際には時間がかかり過ぎて達成は非現実的だ。しかしロボットであれば、数分で終えることもできる。

 本来であれば業務の効率化に加えて、人手よりも統制が利いた運用が可能なはずのRPAが、企業にリスクをもたらすケースがある。既に先行してRPAを導入している企業は、こうした事態を防ぐためにRPAの運用体制として、新たなガバナンスの構築を迫られている。

 RPAの導入リスクを減らすためには、RPAがもたらす統制上のリスクを明らかにし、リスクへの具体的な対応策を採る必要がある。以下では、RPAのガバナンスに対する企業の現状や対応策の詳細、運用保守の効率化方法、そして先進事例などについて解説していこう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら