ITインフラ(システム基盤)の技術は、移り変わりが激しい。では、2019年にブレーク必至の技術は何か。IT分野のエキスパート5人による審査会を開催し、「ITインフラテクノロジーAWARD 2019」を選出。激論から導き出した“次に来る”技術を紹介する。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)へのニーズの高まりを背景に、求められるITインフラの姿が大きく変わろうとしている。DXには、素早いシステム開発が欠かせない。ITインフラ基盤もこのスピード感に追従することが求められているのだ。

 開発・改善のスピードアップには、コンテナ基盤の活用が有望視されている。ソースコードを扱うようにITインフラを構築・共有・実行できるコンテナは、短い時間で開発・実行環境をデプロイできる。

 しかも、必要に応じてコンテナの起動や停止を行い、リソースサイズをコントロール可能だ。機能単位の小さなアプリケーション(サービス)を組み合わせてシステムを実現する設計手法「マイクロサービス」と相性も良い。2019年は、コンテナ基盤の活用が当たり前となるはずだ。

 ただし、コンテナは手軽に開発・実行環境を構築できる半面、「粒度が小さく、コンテナの運用・管理が非常に大変」(国立情報学研究所の佐藤一郎副所長)というデメリットがあった。

 この問題の解決には「コンテナオーケストレーションツール」が有用だ。コンテナオーケストレーションツールとは、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイやスケーリング、管理などを自動的に行えるツールだ=。

2019年のITインフラはコンテナ基盤の活用が当たり前になる
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、コンテナオーケストレーションツールは複数の種類がある。「どのツールを利用すべきか」は、開発者の中でも意見が分かれる状態だった。

 2019年にこの状況は一変する。ウルシステムズの漆原茂代表取締役社長は、「2018年にKubernetesで開発しようという流れになった。2019年は本格的な普及期に入る」と話す。既にKubernetesを活用している先進企業だけでなく、それ以外の企業でもKubernetesを使ったコンテナ基盤がDXを支える重要なITインフラとして広がっていくことが予想される。

処理をエッジ側に移す

 IoT(インターネット・オブ・シングズ)やAI(人工知能)のインフラ基盤も変わる。2018年はクラウド側で学習させたモデルをAPI経由で利用する事例が増えていた。2019年は用途やシステム構成の多様化が進み「クラウドで学習したモデルをエッジ側に置いて、処理するようになる」(ITジャーナリストの新野淳一氏)と予想する。このような処理には、エッジ側に搭載される機械学習の計算に特化した「エッジ向けAIチップ」が重要な役割を担う。

 これらは日経BP社が毎年実施している「ITインフラテクノロジーAWARD」の選考で5人の審査員が議論し、2019年にブレーク必至のITインフラ技術の1位と2位に選出したものだ。

AWARD審査会の様子
撮影:中野和志
[画像のクリックで拡大表示]

 審査会では、ここに挙げた技術以外についても熱い議論が交わされた。以下では、選考で上位に選ばれた技術、ノミネートされた技術について詳しく見ていこう。

「ITインフラテクノロジーAWARD 2019」最終選考のノミネート技術の一覧
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経SYSTEMS」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら