本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 複合機事業などを手掛けるリコーが、ロボット向けディープラーニング技術の領域で先進的な成果を出した。

 ディープラーニング領域では現在、ロボットに人間の動作を真似させて、覚えさせる「摸倣学習(imitation learning)」という技術の開発が活発になっている。現在の産業用ロボットのような複雑なプログラミングやティーチング作業などをすることなく、人間が示したお手本の動作通りに、ロボットを動作させようという技術である。

 リコーは今回、ディープラーニング領域で流行している「GAN(generative adversarial network)」という新技術を摸倣学習にうまく応用することでロボットの模倣の性能を大幅に向上。既存手法と比べて、人の動作をより効率的に真似られるようにした。

ロボット事業に参入へ

 リコーは複合機メーカーだが、現在、自社でロボット事業に参入することを検討している。従来型の産業用ロボットではなく、本誌が前号で解説したような移動機構(AGV)とアームを組み合わせた「ハイブリッド型」1)と呼べるタイプのロボットである(図1)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1 リコーが自社開発しているハイブリット型ロボット
クローラ型の移動機構の上にアームが載っている。自社の複合機で量産しているモータなどを利用している。今回開発した摸倣学習の新アルゴリズムを、このロボットに適用する計画。

この先は日経Robotics購読者限定です。