本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2016年の米国大統領選挙中、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)候補がワシントンD.C.のピザ屋の地下での児童売春に関与しているとのフェイク(虚偽)ニュースが拡散され、これを信じた者がピザ屋で発砲事件を起こした。

 また、ディープ・フェイクと呼ばれる技術を用いて、バラク・オバマ(Barack Obama)前米国大統領や米Facebook社CEOのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏そっくりの動画や音声が不正に作成され公開された。このように、フェイクニュースを作る技術が高度化し、ソーシャルネットワーク(SNS)がこれを素早く広範囲に拡散させるようになったため、公正な選挙や健全な民意形成が危機にひんしているとも言われている。

この先は日経Robotics購読者限定です。