本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2018年2月21日、国土交通省・交通政策審議会海事分科会の海事イノベーション部会は第5回会合を開き、自動運航船に関するロードマップの骨子案を示した。

 この骨子案では、未来投資戦略2017(2017年6月9日に閣議決定)で示した「2025年までの自動運航船の実用化に向けて、船舶の整備、運航等に係る国際基準の2023年度中の合意を目指すとともに、国内基準を整備する」との線表(工程表)に基づいて、3段階のフェーズでの普及を計画する。

この先は日経Robotics購読者限定です。