本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 ロボットを使って家事をこなしてほしいというのは昔から存在するテーマである。例えば、2008年に米Stanford Universityが実施した実験では1)、ロボットのPR1を人が遠隔操作することで、冷蔵庫を開けてビールを取り、蓋を開けて人に渡したり、床に散らかったおもちゃを片付けたり、食洗機に皿を入れたりといったさまざまなタスクがこなせることを示した。

 この実験からは、家事をこなすためのハードウエア環境は整っており、あとは人が遠隔操作をすることで解いていた部分、環境を認識しそれに応じてロボットを適切に制御することさえできれば解決できるとみられていた。

著者の岡野原大輔氏

 Preferred NetworksはCEATEC JAPAN 2018で「全自動お片付けロボットシステム」を展示した2)

 この展示ではトヨタ自動車が開発し、研究開発用に提供している生活支援ロボットHSR(Human Support Robot)を使い、ロボットが部屋を自動的に片付けるデモを行った(図1)。

 一般家庭の部屋の床に片付け対象アイテムがランダムに散らかっており、ロボットがそれらを指定された場所に片付けるというものである。家具は全て本物であり、片付け対象アイテムは日常生活で見られるものから約100種類を選んでいる。ロボットはそれらのアイテムを認識し、把持し、落とさないよう運び、物体の種類ごとに指定された場所へ、指定された状態で片付けていく。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。