本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2008年に創設された米SynTouch(シンタッチ)社は、米University of Southern Californiaの研究から生まれた会社だ。触覚を計測するフィンガーの開発を行なっており、ロボット研究でも利用されてきた(図1)。同社共同創業者のJeremy Fishel(ジェレミー・フィシェル)氏に聞いた(図2)。

この先は日経Robotics購読者限定です。