本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 韓国ソウルの展示会場COEXで、2019年7月17日から19日まで「AI EXPO KOREA 2019」が開催され、同時に「AI/Data Transformation Conference」や「AI EXPO KOREA SUMMIT」などのセミナーが行われた(図1)。展示会には5カ国127社が出展した。

 展示会開催の2週間前にあたる7月4日、ソフトバンクグループ会長の孫正義氏が韓国を訪問し、文在寅大統領と面談した。大統領官邸が公開した面談内容によると、孫氏は「韓国が集中すべき分野は一に人工知能(AI)、二にも人工知能、三にも人工知能」と文大統領に話したという。文大統領が孫氏に韓国のAI人材育成に関する支援や若い起業家に対する投資を求めたところ、孫氏は「I will」と答え、「世界が(韓国の人工知能分野へ)投資するよう手助けする」と述べた。

図1 大勢の来場者でにぎわう「AI EXPO KOREA 2019」
ソウルの展示会場COEXの入り口。昨年比2倍の来場者でにぎわった。(撮影:趙 章恩)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。