本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2012年に創設された米FoldiMate社(フォールディメイト)は、シリコンバレーとイスラエルを拠点にして、洗濯物畳みロボットを開発してきた。2019年の「CES」では、着実に機能する実機が注目を集めた(図1)。創設者兼CEOのGal Rozov(ガル・ロゾフ)氏に聞いた(図2)。

FoldiMateのテクノロジーを説明してほしい。

Rozov氏 26件の特許と共に企業秘密もあり、全てを明かすことはできない。ただ言えるのは、マシンの上から差し入れた服のサイズに応じて、あらかじめ決められた長方形に服が折り畳まれて出てくれることだ。最後にはきっちりとした長方形になるよう、センサ情報を基に、アルゴリズムとメカニズムが正しい手順をはじき出し、マシンの下部に行くにつれて家庭で扱いやすい大きさにまで畳まれていく。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図1 FoldiMate社の洗濯物畳みロボット
人間が上部の入り口に衣類をセットすると、下から折り畳まれて出てくる。上部にある左右のクリップはシャツ用、中央のクリップはタオルとズボン用。(写真:FoldiMate社)

この先は日経Robotics購読者限定です。