本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 料理を配達する出前(フード・デリバリー)ロボットの「Kiwibots」が、米University of California Berkeleyのキャンパスとその周辺を走るのは、すでにおなじみの風景になっている(図1)。

 料理向けに特化し、2017年3月以来、4万回の配達をこなしてきた。現在100以上のロボットを全米12カ所で展開している。サービスを提供する米Kiwi Campus社共同創業者兼CTOのJason Oviedo氏(図2)と製品担当のSasha Iatsenia氏(図3)に聞いた。

図1 料理を配達するロボット「Kiwibot」
Kiwibotが料理を配達している様子(写真左と中央)。遠隔で人間がモニターしながら動作する。(写真:Kiwi Campus社)
[画像のクリックで拡大表示]

フード・デリバリーのためのロボット・スタートアップは、数多く登場している。その中で、Kiwi Campus社の違いは何か。

Oviedo氏 根本的に異なるのは、我々はロボットの会社ではなくデリバリーの会社だと意識していることだ。

この先は日経Robotics購読者限定です。