本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 2019年4月3日、韓国の通信事業者(キャリア)3社は一般ユーザー向けの5Gサービスを開始した。2018年2〜3月の平昌冬季五輪でのテストサービスを経て、2018年12月1日にスマートファクトリーなど企業向けサービスを開始し、2019年4月3日に一般ユーザー第1号加入イベントを開催、4月5日に一般ユーザーの全面的な加入受付が開始された。

 当初、一般ユーザー向けサービスは4月5日に韓国Samsung Electronics社(以下Samsung社)の「Galaxy S10 5G」の発売と同時にスタートする予定だったが、キャリア3社は突然、4月3日夜11時に有名人を対象にした第1号加入記念イベントを行った。

 米国の大手キャリア、Verizon社が米Motorola Mobility社のスマートフォンを使い、4月11日に予定していた一部地域での5Gサービス開始を、「世界初」のために4月3日に前倒しすると発表したからだ。このニュースが韓国のキャリア3社に伝わったのは3日の午後8時だった。「世界初」を譲れない韓国側は、Verizon社のサービスが始まる2時間前に5Gサービスを開始し、世界初の座を守った。

 5Gを利用できるスマートフォンはSamsung社のGalaxy S10 5Gしかないにもかかわらず、韓国の5G加入者は4月5日に6万人、21日には20万人を突破したほどで、関心度は高い。

この先は日経Robotics購読者限定です。