本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 農業ロボットは現在注目の的だが、米国シリコンバレーを拠点にするZtractor社は、基本的な農機であるトラクターを自動化してそこに付加価値を加えようとする(図1)。

 創業者のBakur Kvezereli(バクール・クヴェゼレリ)氏に聞いた(図2)。

農業ロボットに進出しようとしたきっかけは何か。

図2 Bakur Kvezereli(バクール・クヴェゼレリ)氏 
米Ztractor社の創業者兼CEO。ジョージアのGeorgian Technical Universityでコンピュータ科学を専攻し、その後、トマト農家経営を経て政策に関わる。2008年から2011年までは、ジョージア農業大臣を務めた。その後、米MIT Sloan School of ManagementでMBAを取得。ケニアの農業技術開発企業、ジョージアの政府系ファンドなどに関わった後、特殊作物のマーケット・プレース「Maiaki」を創設。2017年12月から現職。(写真:Ztractor社)
[画像のクリックで拡大表示]

Kvezereli氏 私は2001年から農業に関わってきた。

 トマト生産業のマネージャーを務めたり、農業におけるテクノロジー利用のコンサルティングを行ったり、政策に関わったり、投資を行ったりしてきた。

 その中でヨーロッパのトラクターのレンタル業に関わっていた2017年ごろ、農家から電動トラクターを探して欲しいという要請を何件も受けた。ディーゼルや油圧システムは、部品が複雑であるとか油漏れを起こすなど問題が多かったからだ。

この先は日経Robotics購読者限定です。