本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 毎年1月、世界中の家電メーカーやICT企業が米国ラスベガスに集まり、最新技術を展示する「CES」。2019年は基調講演から展示まで、5Gが最も大きなテーマだった。

 2018年12月1日に世界初の5G基地局を開設しBtoB向け5Gサービスを始めた韓国の通信事業者も「CES 2019」に参加し、5Gだからこそ利用できる自動運転、AI(人工知能)、ロボット、8K動画サービス、VRライブ中継などを公開した。韓国では2019年3月に韓国Samsung Electronics社が5G対応スマートフォンを発売する予定で、いよいよ一般ユーザーも5Gを使えるようになる。

 2019年1月22~25日にスイスのダボスで開催された「世界経済フォーラムIBC(The International Business Council)」に韓国の通信事業者、KT Telecom社のファン・チャンギュ会長が招待され、韓国の5Gサービス動向について講演した。ファン会長は「5Gは米国や中国ではなく韓国が主導している」と強調し、「5Gは4Gと違い、一般消費者向け(BtoC)より法人向け(BtoB)サービスがメインになる。医療、セキュリティ、エネルギーなど公共分野のサービスもレベルが向上するだろう」と述べた。また、「NTTドコモと5G分野での協力を強化し、韓国の5Gの成果を共有する。ベトナムが東南アジア初の5G商用化国となるよう協力する」といった計画を明かした。

この先は日経Robotics購読者限定です。