本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 米国ボストンのスタートアップ、Southie Autonomy社(サウシー・オートノミー)は、自然言語やAR(拡張現実)環境を利用してロボットにタスクの指示を与えるインタフェース技術を開発する(図1)。2018年9月にカリフォルニア州サンタクララで開催された「RoboBusiness 2018」のピッチコンテストでも優勝し、注目を集めている。創設者のRahul Chipalkatty氏に聞いた(図2)。

Southie Autonomy社は、ARを利用したロボットアームの教示技術を開発している。なぜこの開発に至ったのか。

Chipalkatty氏 電子商取引(EC)が発展するにつれ、物流の現場では扱う商品が刻々と変わるようになった。こうしたケースでは、これまでの自動化技術では対応できないため、今は人手に頼っている状態だ。だが、米国では人手不足問題が深刻だ。我々のソフトウエア・プラットフォームは、商品の変化に合わせてロボットアームの動作を変えられるようにし、現場の自動化を図る。テクノロジーは、ロボットをスマート化することと、人間とのコミュニケーションを簡単にすることの2点から成り立っている。

図2 CEOのRahul Chipalkatty(ラフール・チパルカティ)氏 
2017年に設立されたSouthie Autonomy社の創設者兼CEO。それ以前は、軍事関連の先端技術開発研究所の米Charles Stark Draper Laboratoryで、自律システムの開発に携わった。ここでユーザーは必ずしもロボット専門家でないことを痛感したことが、Southie社の創設につながった。米Carnegie Mellon University、米University of Illinois at Urbana-Champaignで機械工学を学び、米Georgia Institute of Technologyでロボット工学の博士号を取得。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。