本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 GPUベンダーの米NVIDIA社が、ロボット用の開発プラットフォームを発表した(図1)。同社の狙いはどこにあるのか。ロボット開発を多く手掛けてきた経歴を持つ同社エンジニアリング担当副社長のClaire Delaunay氏に聞いた(図2)。

NVIDIA社がロボットに進出する理由は何か。

Delaunay氏 ロボットについては、自動運転技術に関わり始めた約6年前から目を向けていた。自動運転車において当社はGPUという強いハードウエアを持っている。そこで自動運転車向けに開発した「DRIVE Xavier」を他のロボットにも使えると考えた(図3)。

図1 NVIDIA社のIsaac Robot Softwareの構成
シミュレータ、SDKなどから成る。(図:NVIDIA社)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。