本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 物理学者Niels Bohr氏の有名な言葉に「予測は難しい、特に未来については」がある。正確な未来の予測が本質的に不可能であることがわかっていても、研究者は常に将来の予測を行うことを求められている。

 著名な研究者に講演を引き受けてもらっても、将来の予測についてコメントを求めた途端に渋い顔をされることも良くある。予測を外した時のダメージを考えると安易に引き受けることははばかられるが、それでも研究者である限り将来の予測からは逃れられない。本稿では研究者に求められる将来予測について議論してみよう。

この先は日経Robotics購読者限定です。