本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 自動車用のアルミダイカスト製品大手のリョービが、協働ロボットを生産ラインに導入した。

 協働ロボットが稼働しているのは、モーターやデファレンシャルギア(差動装置)などを収めるハウジング(ケース)の加工工場である。その最終工程となる外観検査に協働ロボットを活用し、自動化を図った。ファナック製の6軸の協働ロボットを2台導入し、それぞれのロボットのアームにカメラを取り付け、撮影した画像に基づいて自動外観検査を行う(図1)。

図1 自動車部品の外観検査に協働ロボット
アームの先端にカメラを取り付けて、ワークの周囲を撮影する。2台のロボットアームを使用し、それぞれにカメラを搭載している。
[画像のクリックで拡大表示]

人手不足を解消し、品質も向上

 同社が協働ロボットを導入し、外観検査を自動化した狙いは2つ。

この先は日経Robotics購読者限定です。