本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 オフィス向けプリンタなどを手掛けるOKIデータは、LEDモジュールの組み立て製造工程にカワダロボティクスの双腕型ロボット「NEXTAGE」を導入した(図1)。

 オフィス用のプリンタは一般にレーザビームプリンタが主流だが、同社は光源としてレーザの代わりにLEDを用いる「LEDプリンタ」を手掛けている。このLEDプリンタに使うLEDモジュールを同社は群馬県の高崎工場で内製しており、プリンタ以外の用途に向けて外販もしている。今回、NEXTAGEを導入したのは、この社外向けの特注のLEDモジュールの生産工程である。

この先は日経Robotics購読者限定です。