本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 ソニーが出資するスペイン発のロボットベンチャー、Acutronic Robotics社について本誌は2018年9月号で紹介したが1)、同社がかねて予定していたROS2ベースのロボットを正式に発表した。名称は「MARA(modular articulated robotic arm)」。全軸にトルクセンサを搭載しており、協働ロボットとして使える(図1)。価格は現時点では非公開。

 特徴は、通常のロボットアームと異なり、関節ごとのモジュール構造になっている点である。直交した2軸分がセットになったモジュール構造で、このモジュールを3個組み合わせれば6軸ロボットを構成できる。主に研究開発用途などを想定しているようだ。

図1 ROSベースのモジュール型の協働ロボットを投入
2軸の関節ごとにモジュール構造となっている(写真右上)。3個のモジュールを組み合わせれば6軸ロボットなる(写真左)。各モジュールには、ARM系SoC搭載の電子制御モジュールを内蔵する。この上でROS2.0を動作させる。(写真:Acutronic Robotics社)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。