本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 ソフトバンクグループ子会社のソフトバンクロボティクスが2018年8月1日に、自動運転技術を搭載した「床洗浄機(スクラバー)」の販売を日本で開始した。自動運転技術を開発したのは、2017年に「SoftBank Vision Fund」が1億1400万ドルを出資した米Brain Corporation(通称はBrain Corp)だ。

 米サンディエゴに拠点を置くBrain社はスクラバーのような人間が運転する業務用の乗り物に自動運転機能を追加するソフトウエア「BrainOS」を開発する。ソフトバンクロボティクスが日本で販売する「RS26 powered by BrainOS」は、中国Intelligent Cleaning Equipment(ICE)社が開発したスクラバーを改造し、BrainOSや同ソフトを稼働するコンピュータを追加したものだ(図1)。

図1 BrainOSを搭載した床洗浄機(スクラバー)
中国Intelligent Cleaning Equipment(ICE)社が開発したスクラバーを改造した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。